ゲイドラマ『おっさんずラブ -リターンズ-』がイマイチな理由

おっさんずラブ-リターンズ-

2018年、一大ブームとなったゲイドラマ『おっさんずラブ』をご存知ですか?

※まさにゲイドラマの金字塔とも言える作品で、その翌年、劇場版やシーズン2が放送となりました。

あれから、5年。いや続編からおおよそ4年。

しばしの歳月を経て新たに登場したのが…

『おっさんずラブ-リターンズ-』(2024年2月、現在絶賛放送中)

…なんですが、これがなんかイマイチなんですよね。汗

※内容は、シーズン1の登場人物たちのその後の内容。春田と牧が見事に結ばれ、その後、日本に帰ってきた牧が春田と一緒に生活するというまさに続編ストーリー。

おっさんずラブ-リターンズ-がイマイチな理由

初代のドラマシリーズは、あんなにハマったのに、どうして今作の「リターンズ」はなぜハマれないのか?その理由を解説していきたいと思います。

※ちなみに、このコラムを書いている時点(2024年2月20日・第7話まで)の感想となります。

そもそももう結婚してるから

春田と牧

画像引用:@ossans_love

前作は、黒澤部長と牧が、春田を取り合っているという関係でしたが、今作は春田と牧はすでに結婚しています。

※そして、黒澤部長の元・奥さんだった”蝶子さん”も麻呂とうまくやっていて、もう幸せな感じ。

ドラマの主要キャラがどこに向かって進んでいるのか分からないのが問題。

…黒澤武蔵は春田&牧カップルの家事手伝いとして、三人の関係性は継続されていますが、春田が黒澤をすでに”恋愛対象としていない”ので、見ていてハラハラ・ドキドキしないんです。

※しかも、毎話、必ず春田&牧のいようなイチャイチャシーンが入り込んで、ただ視聴者に見せつけられてるだけ。。これ、なんなの?ってなります。汗

仕事がおざなりになっている

春田と和泉

画像引用:@ossans_love

春田や牧が勤めているのが、天空不動産。

なんですが、今作は”仕事にまつわるエピソード”がぜんぜん出てきません。むしろ、新キャラの和泉さんなんて、ほぼ仕事らしい仕事はしていないんです。

これは、ドラマの主軸が仕事よりも、その他にうつった事なんでしょうが

見ている方からすると、職場に遊びにでも来ているの?という不快感がいなめない。。

※春田も係長になったのに、仕事に関するエピソードがぜんぜんない。急に直帰にしてプライベート優先。勝手に結婚してプライベートだけでバタバタしてて、職場に遊びに来ているように映ります。

前作は、カップルのお部屋探しのエピソードなどで、とても春田らしい接客をしていたりと、ドラマとして恋愛と仕事のバランスがちょうど良かったんです。

でも、今作はただのプライベートに関することばかり。

…なんというかドラマ全体に、締まりがないというのが正直な感想ですね。

パロディがすぎる・コントすぎる

おっさんずラブ-リターンズ-第5話より

画像引用:@ossans_love

今作は、既存の有名ドラマなどをパロディにして一部揶揄するような表現もあります。

これはこれで面白いんですが、どうしても全話通して”コント”みたいな感じになってしまい、見てるこちら側が誰にも感情移入できず、ドラマに没入できません。

※なので、話の続きも特に気にならないし、あぁ、また次の話もコントみたいなので終わるんだろうな…くらいの感じ。もちろんパロディやコントとして笑えるんだけど、それだけだとハマりにくい。

・家政婦は見た!
・渡る世間は鬼ばかり
・昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
・冬のソナタ
・バチェラー・ジャパン

こうしたエッセンスというか、これをパロったものがふんだんにドラマの中に散りばめられています。

※各話のタイトルだけでいったら、もっとオマージュしたものが付けられています。

最初は笑えたんですが…なんだろう。「またこのパターンか」的ながっかり感がかなりあります。

イマイチかみあわない和泉

弓道をする春田と和泉

画像引用:@ossans_love

今作では、黒澤が一歩身を引く代わりに

春田のことを好きになる男性役として”和泉さん(井浦新)”が登場するわけですが、これが春田とイマイチ噛み合いません。

その理由としては、春田のさらに上をいく”天然っぷり”だからだと言えるでしょう。

※元・公安だった和泉は中途採用と天空不動産に入社します。春田とも毎日顔を合わせるし、なんならお隣に住んでいるのですが、なんとなくいつも歯切れが悪い。。

春田も、とりたてて和泉さんのことを恋愛対象として見ていないし。

和泉さんのちょっとした片思い程度なんでしょうけど、そんな全話通してひっぱるほどの人物なのか?なんだか、話のボリュームを出すためにただ入れ込んだだけという印象。

当初は謎があったんですが、徐々に彼の素性が分かり始めていきますが、うーん、そんな深く無い。汗

※輪をかけて、彼のことが好きな元・後輩である六道菊之助(通称・菊)なんてさらにぜんぜん春田と噛み合ってない。掛け合いのコント的な楽しさもない。なんか見てるだけで虚無感に苛まれます。

個人的に好きなのは武川部長

武川部長と春田係長(天空不動産)

画像引用:@ossans_love

そんな、なんだかイマイチ面白くない『おっさんずラブ-リターンズ-』ですが

今作で一番好きで、めちゃハマっているのが武川部長(眞島秀和)ですね。もうすごい仕事がデキる堅物な雰囲気もありつつ

ネジが3本くらい飛んでて最高です。笑

しかも、武川部長は牧の元カレであり、春田の上司でもある。そして、彼には恋人ナシ。かなしい中年世代で哀愁さえ漂います。

※基本的に男性の登場人物はほとんどがゲイ。もうゲイとか、ゲイじゃないとか、そんな説明すらはぶいているドラマが「おっさんずラブ」であり、このドラマの持つアイデンティティでもあります。

もう、この先続編作るなら武川部長を主役にしてほしい。

このドラマで一番感情移入できるのは、もしかすると武川部長なのかもしれません。とにかくドラマに出てくるたびに面白いし悲壮感が漂っているのも大好きです。笑

最後に

いろいろダメ出しをしちゃいましたけど、黒澤部長のこの後の動向も気になりますし、武川部長も恋人ができるのか気になる。

うーん、逆を言えば、主役の2人(春田と牧)の今後がぜんぜん気にならない…。

出産・子育てなどのトピックもなく、”アラフォーゲイカップルの話のもって行き方がないから”なのかもしれません。

※でも、そんなカップルでも「きのう何食べた?」とかはドラマとしてもすごく面白いんですが。やっぱり春田の天然キャラが足をひっぱっているのか…。

まぁ、でもこのシリーズが好きという人もいるでしょうし、”笑えるドラマ”として見るなら最高かもしれません。

とくに、”田中圭ファン”の方は、彼のかわいい一面がたくさん見れるドラマだと思います!

おっさんずラブ -リターンズ-(TVer)

TVer|おっさんずラブ -リターンズ-
https://tver.jp/series/srvc0qjvtp

金曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』|テレビ朝日
https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove_returns/

おっさんずラブ

ABOUT US

岩見 タケル30歳/172cm/67kg/趣味は料理と筋トレ
2021年の終わりに『Japasm(ジャパズム)』というメディアを立ち上げました。LGBTがもっと世の中に広く、一般に浸透しますように。まずは小さな一歩を踏み出します。